SHARE
TO TOP

AI の解析技術を活⽤し、物流施設テナントへの 新たな倉庫運営コンサルティングサービス導⼊に向け検証を開始

三菱地所株式会社(以下、当社)は、更なるテナントサービスの向上を目指して、ニューラルポケット株式会社の AI 解析技術を活用した倉庫運営に対するコンサルティングサービスの導入に向けた実証を開始しました。本取り組みの第一弾として、本年 11 月 25 日より、当社が開発・運営する物流施設「ロジクロス名古屋笠寺(愛知県名古屋市)」にて、テナント 2 社協力のもと倉庫内にカメラを設置し、庫内の動線や作業員による作業の様子を記録・AI 解析します。解析結果をもとに、当社はテナントに向けた最適な倉庫運営の提案を行い、高付加価値サービス提供の可能性を検討します。
なお、当社グループの物流施設事業において、AI 等のテクノロジーを用いたコンサルティングサービスの導入に向けた実証を行うことは、今回が初の試みです。

以下、プレスリリース本文

https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec191127_loginp.pdf

お問い合わせはこちらから

PAGE TOP