TO TOP

横浜国立大学と三菱地所が、横浜・関内エリアでのオープンイノベーション推進に向けた共同研究を開始

国立大学法人横浜国立大学「コーイノベーションラボラトリー」と三菱地所株式会社は、横浜におけるオープンイノベーションの推進とビジネスエコシステム形成を目的とした共同研究協定を、2020 年4月10日に締結し、今般共同研究を開始しました。

横浜国立大学コーイノベーションラボラトリーは、同大学大学院国際社会科学研究院 井上徹教授が代表を務める研究グループで、オープンイノベーション・新産業創出の推進に向けた研究および学内起業家の育成・支援等を行っております。
三菱地所株式会社は、「イノベーション都市・横浜」の実現に向けて、横浜・関内で、横浜市との協働事業により、ベンチャー企業を支援しオープンイノベーションを推進する拠点「YOXO BOX」と、自主事業として、ヨコハマイノベーターズハブの新たな担い手となる企業・起業家の活動拠点「YOXO BOXオフィス」を運営しております。

両者は、横浜が持つポテンシャルを活かしながら、有機的なベンチャー支援ネットワークの構築とビジネスエコシステム形成に必要なプラットフォームやコミュニティのあり方について研究することを目的に、この度、共同研究協定を締結するに至り、起業家支援ネットワークの拡大・拡充、同大学発ベンチャー企業・起業家の成長支援など、地域連携・産学連携を通じ、横浜でのコーイノベーション実現に向けた社会実験を推進していきます。

本共同研究協定の締結に伴い、2020 年 4 月 10 日より、2019 年度 YNU ビジネスプランコンテスト(YBC)、YNU アプリコンテスト(YAC)を連覇し、第五回日本アントレプレナー大賞のファイナリストにも選ばれた株式会社JapanFuse(代表:石田寛成(同大学経済学部在学中))、YBC上位入賞のRuten株式会社が、実際にYOXOBOXオフィスを拠点として事業拡大に向けた活動をスタートしております。
また、2020 年度は YBC・YAC の優勝チーム・上位入賞チームに対する活動拠点支援等、2019 年度同様の協力支援内容を予定しており、本共同研究協定を契機として、横浜国立大学と三菱地所株式会社は、若い起業家の想いを支え、芽を紡ぎ、オープンイノベーションを更に加速していきます。

以下、プレスリリース本文

https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec200512_ynu.pdf

お問い合わせ・
ご相談はこちらから