TO TOP

#STAYHOME しながらの、あたらしい住まい探し マンション販売の「オンライン接客」を本格稼働 全事業エリア(首都圏・名古屋・関西・広島・九州・札幌・仙台)に拡大

New

三菱地所レジデンス株式会社は、2020 年 3 月 23 日より、都心エリアで供給するすべての新築分譲マンション販売において、実際に対面せずに商談を進めることができる「オンライン接客」を実施しておりますが、2020 年 5 月 29 日より、導入範囲を、当社のすべての事業エリアである、首都圏全エリア、名古屋、関西、広島*、九州、札幌、仙台に拡大し、本格稼働いたします。*広島は 6 月 6 日より稼働

三菱地所は、グループ全体の取り組みとして顧客目線に立った新販売手法の構築を模索しております。2019 年 8 月より三菱地所レジデンスの一部のマンションにおいて同システムを先行して導入し、遠方の顧客をはじめ、販売拠点へ来場する時間がないなどさまざまなご事情を抱える顧客を対象に「オンライン接客」を提案・実施しておりましたが、顧客からの好評価を受け、まず都心エリアの 13 物件に導入しました。

「オンライン接客」は導入以来、145 件の実績を積み重ねてまいりました。その間、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、需要は拡大しています。顧客向けのアンケートにおいても、緊急事態宣言解除後の案内手法について、対面での接客を希望する顧客より「オンライン接客」を希望する顧客の方が多いことから、今般実施エリアを拡大し、全事業エリア 48 物件(5 月 29 日現在)にて実施することといたしました。

以下、プレスリリース本文

https://www.mec.co.jp/j/groupnews/archives/200529_mec_online.pdf

お問い合わせ・
ご相談はこちらから