TO TOP

ニューノーマルに対応した都市DX サービスを開発するコンソーシアム 「丸の内City DX パートナーズ」設立

New

TMIP(Tokyo Marunouchi Innovation Platform)と三菱地所株式会社は、丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)において、「デジタル」を活用した都市機能・空間・仕組みの「トランスフォーメーション」を通じてまちの価値向上を実現し、まちに住み・働き・憩う人々がまちにメリットや価値を感じるサービス開発を目指すコンソーシアム「丸の内City DX パートナーズ」を本日2021 年1月28 日に設立しました。

現在、コロナ禍における人々の生活・価値観の変化を受け、まちにもコロナ禍における迅速な対応が求められていますが、従来の都市の機能や仕組みでは、まちが人々の生活・価値観の変化に対応できない/非効率になる等の社会課題が顕在化しています。本取り組みでは、都市のデジタル化を推進するサービスの充実を目的に、先進的な取り組みの実験場・ショーケースとして丸の内エリアを活用し、ニューノーマルに対応した都市DX サービスを「City DX プロジェクト」として展開します。

既に2 件が同プロジェクトとして始動しました(リリース本文参照)。

以下、リリース本文
https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec210128_marunouchi_city_dx_partners.pdf

お問い合わせ・
ご相談はこちらから