TO TOP

⼤⼿町・丸の内・有楽町地区スマートシティプロジェクト 丸の内仲通りで⾃動運転モビリティの実証実験を実施〜「Smart&Walkable」な道路空間の実現に向けて歩⾏者とモビリティ共存の社会受容性を検証〜

New

⼤⼿町・丸の内・有楽町地区(以下「⼤丸有」)まちづくり3団体※1 の内の、⼀般社団法⼈ ⼤⼿町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会(以下「⼤丸有協議会」)と、BOLDLY 株式会社(ボードリー、以下「BOLDLY」)は、⼤丸有地区におけるスマートシティのプロジェクトとして、2021 年3 ⽉8 ⽇(⽉)から14 ⽇(⽇)まで丸の内仲通り(東京都千代⽥区)で⾃動運転モビリティの実証実験をします。丸の内仲通りが歩⾏者専⽤通⾏時間帯となる「丸の内仲通りアーバンテラス」の実施時間中に、低速の⾃動運転モビリティを運⾏し、歩⾏者と⾃動運転モビリティが共存する環境の社会受容性を検証します。初⽇となる3 ⽉8 ⽇(⽉)11:00〜12:00(10:45 受付開始)に記者説明会を実施します。

⼤丸有協議会は、2020 年 3 ⽉に策定した 「⼤丸有スマートシティビジョン」において都市空間の将来像として「都市空間のリ・デザイン像」を⽰し、“誰もが快適かつ安全・安⼼に過ごす”ことができ、また“まちの魅⼒を連続的に体験して楽しむ”ことができる「Smart&Walkable」な道路空間の形成に取り組んでいます。

※1 「⼀般社団法⼈ ⼤⼿町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会(⼤丸有協議会)、NPO 法⼈ ⼤丸有エリアマネジメント協会(リガーレ)、⼀般社団法⼈ ⼤丸有環境共⽣型まちづくり推進協会(エコッツェリア協会)」の 3 団体は連携して⼤丸有地区のまちづくりを推進しています。

 

以下、リリース本文はこちら

お問い合わせ・
ご相談はこちらから