TO TOP

デジタルによる多様性のあるまちづくりを目指し、 大学発・先端テクノロジーを活用した様々な実証実験を始動 ~丸の内エリアで落合陽一率いるPxDT 社とタッグを組んでまちの課題を解決~

New

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(以下、PxDT)、三菱地所株式会社(以下、三菱地所)、Tokyo Marunouchi Innovation Platform(以下、TMIP)は、PxDT の持つ大学発・先端テクノロジーによりまちの課題を解決し、デジタルによる多様性のあるまちづくりを推進していくことを目的に、今後複数の共同実証実験を展開します。第一弾として9 月17 日以降、以下2 つの実証実験を順次始動します。

【共同実証実験 第一弾の特徴】
①「字幕透明ディスプレイ」の実証
ろう・難聴者や他言語話者とのコミュニケーションのためにリアルタイムで字幕を表示する透明ディスプレイを活用し、本技術の社会受容性及び効果検証を行うとともに、今後の施設運営への活用可能性を探る。

②吸音材「iwasemi™」の実証
PxDT独自の開発技術を用いた汎用性の高い吸音材を活用し、リモート会議増加に伴うオフィス内での音問題の軽減に寄与すべく、性能や運用性の検証のほか、本技術の社会受容性及び効果検証を行う

PxDT はデジタルによるダイバーシティ社会を目指し、大学発・先端テクノロジーの社会実装を行っています。三菱地所では、本年6 月に「三菱地所デジタルビジョン」を策定し、DX(デジタル・トランスフォーメーション)により生活者が暮らしやすさを実感できる新しいまちづくりを目指しています。

以下、リリース本文
https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec210906_pxdt.pdf
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000123.000016002.html

お問い合わせ・
ご相談はこちらから