TO TOP

新たなスタートアップ投資ファンドを開始 “成長産業の共創”を目指す 「BRICKS FUND TOKYO」始動

New

三菱地所株式会社はこのほど、社会課題の解決や産業構造の転換など中長期的な社会インパクトの創出に挑むスタートアップへ投資する「BRICKS FUND TOKYO by Mitsubishi Estate」(以下、本ファンド)を開始します。今後5年間で国内外のスタートアップ100 億円程度の出資を想定、出資したスタートアップの技術やサービスの社会実装を支援し、成長産業の共創を目指します。

本ファンドは、「起業家のビジョンを社会に実装し次の時代の礎を築く」をミッションに、3つの投資テーマ・12 の注目領域を設定しています。出資先に対しては、三菱地所グループの経営基盤を活かした営業支援、大丸有エリア等における実証実験の実施、事業共創・協業の推進といった社会実装支援を通じ、中長期的な企業価値向上に貢献する方針です。ファンド運営にあたっては、独立系ベンチャーキャピタルのプライムパートナーズと共同運営し、投資先の選定や経営支援などの体制を強化します。

三菱地所はこれまでも、アクセラレータープログラムの実施のほか、スタートアップ・エコシステムの形成に向け、スタートアップ向け施設やイノベーション拠点の整備を進めてまいりました。また、国内外のスタートアップやベンチャーキャピタル等に対し、2016 年より累計約 200 億円を出資(コミットメント分含む)し、新事業案件の発掘や既存事業とのシナジー創出を図って参りました。

以下、リリース本文
mec220330_cvc.pdf
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000160.000016002.html

お問い合わせ・
ご相談はこちらから