TO TOP

―サステナブルな社会に向けた 就業者・来街者とのよりよい未来づくりー 廃棄物再利用率100%【サーキュラーシティ丸の内】始動 第一弾 食品ロス削減施策 料理の持ち帰り「MARUNOUCHI TO GOプロジェクト」

New

三菱地所グループでは「三菱地所グループのSustainable Development Goals 2030」において、CO2排出量や再生可能電力比率のほか、廃棄物においても再利用率と排出量に関する削減目標とKPIを定め、サステナブルな社会の実現に向けた取り組みを推進しております。その一環として、丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)においては、2030年までに廃棄物再利用率100%、単位面積当たり廃棄物排出量20%削減達成を掲げており、このほど、丸の内エリアで「資源循環」に着目した取組み「サーキュラーシティ丸の内」を始動いたします。

第一弾として、丸の内エリアの飲食店舗の協力のもと、食べきれなかった料理の持ち帰り用容器TO GO BOXや紙袋を無償配布して食品ロス削減につなげる「MARUNOUCHI TO GO プロジェクト」をスタートします。

サステナブルな社会に向け、テナント就業者・来街者など多様なステークホルダーとともに、環境に優しいまちづくりを目指します。

以下、リリース本文
https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec220420_circular.pdf

お問い合わせ・
ご相談はこちらから