TO TOP

博報堂DYホールディングスとMESON の共同プロジェクト「GIBSON」 丸の内エリアでローカル5G を活用したAR/VR 実証実験を実施 〜実空間変化をサイバー空間内にリアルタイム伝送することで臨場感向上を確認〜

New

株式会社博報堂DYホールディングス(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂DYホールディングス)、株式会社MESON(東京都渋谷区、代表取締役社長:梶谷健人、以下 MESON)、三菱地所株式会社(東京都千代田区、代表執行役執行役社長:吉田淳一、以下三菱地所)、Tokyo Marunouchi Innovation Platform(以下、TMIP)は、実空間(フィジカル空間)とサイバー空間を融合させた新たなコミュニケーション体験構築プロジェクト「GIBSON(ギブソン)」の一環として、丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)において観光・買い物・イベント用途での体験価値検証のためのAR/VR 実証実験を4 者共同にて実施しました。サイバー空間への360°映像配信、ローカル5G 回線等を活用した本実証により、実空間変化をサイバー空間内にリアルタイム伝送することが体験者により臨場感をもたらすことが確認できました。

今後は、今回の検証結果を踏まえて「GIBSON」のさらなる機能拡張を図ると共に、物理空間とサイバー空間が高度に融合する社会における新たなコミュニケーション体験やサービス体験についての研究を進めてまいります。

以下、リリース本文
https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec220407_gibson_marunouchi.pdf

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000032228.html

お問い合わせ・
ご相談はこちらから