TO TOP

First Penguin vol.16 株式会社日本クラウドキャピタル・大浦 学さんが語る「誰もが挑戦できる世界を創る 株式投資型クラウドファンディング」とは?

NEW

読了時間:約 4 分

This article can be read in 4 minutes

スタートアップの成長に欠かせない資金調達。資金調達の難易度は高く、いかにネットワークを持っているかが勝負になるため、挑戦すること自体のハードルが高くなってしまいます。
誰でもフェアに挑戦できる世界を創ろうと、クラウドファンディング形式で個人から出資を募れるシステムを日本で初めて作ったのが、株式会社日本クラウドキャピタルです。1口10万円前後から投資が可能で、投資後も投資先の企業からのIR情報を定期的に確認することができます。

今回お話を伺ったのは、株式会社日本クラウドキャピタル代表取締役COOの大浦 学さん。「誰でもフェアに挑戦できる世界を創りたい」と語る大浦さんに、起業家と投資家の関係性、前職で感じた日本の投資の遅れ、そこから目指した世界について伺いました。

新しい分野に果敢に挑戦するスタートアップ経営者を未知なる海に真っ先に飛び込む1羽のペンギンになぞらえてインタビューする「First Penguin(ファーストペンギン)」。更新しているのは、Fintechに関連するプロジェクトやコミュニティ、施設を運営する株式会社FINOLABです。

「誰でもフェアに挑戦できる世界を創りたい」インタビュー斜め読み

ここではインタビュー動画本編より5つのやりとりを簡潔にまとめました。回答に対する大浦さんの思惑を深掘りしたい方は、ぜひ該当箇所がスポット再生されるURLよりご視聴ください。

▼最初から再生する

Q1.最初に株式会社日本クラウドキャピタルの事業内容について教えてください。

A.「株式投資型のクラウドファンディングプラットフォーム『FUNDINNO(ファンディーノ)』を運営しています。スタートアップが資金調達をする時にベンチャーキャピタルやエンジェル投資家ではなく、インターネット上で一般の個人投資家を募ることができるサービスです。日本クラウドキャピタルの創業以前、スタートアップに投資をするエンジェル投資家は日本ではごく少数しかいませんでした。理由は、一般の人が起業家に会う機会が少ないこと、本当に信頼できるのか審査が大変なこと、投資をするとなったら500万〜1,000万円の投資をしなければいけなかったことです。そこに我々のような証券会社が入ることで、審査を通ったスタートアップの情報にインターネット上で触れられるようになりました」

▼途中から再生する

Q2.『FUNDINNO』で株式を公開しているスタートアップと、投資家にはどのような特徴があるのでしょうか?

A.「公開されている企業には、IT系の企業からインドネシアでマグロの漁獲と加工を事業としている一次産業の会社まで、様々な業種があります。公開するかどうか審査をする際は、スタートアップの課題設定や社会に対してどんな価値を生み出せるのかを判断軸としています。一方、投資家は3,000万円以上の金融資産を持っている人が25%、1,000万〜3,000万円の金融資産を持っている人が30%ほどです。1社に対して15万〜20万円を投資する人が多いですね。人口比率で見ると東京は意外と少なく、地方の投資家が多いことが特徴。地方はベンチャーキャピタルやスタートアップに触れる機会が少ないので、インターネットの利が効いているのかもしれないですね」

▼途中から再生する

Q3.株式投資型クラウドファンディングの起業家と投資家は、通常の投資家との関係性とどんな点が異なるのでしょうか?

A.「より起業家と投資家がフェアな関係性になるんじゃないかと思っています。起業家がビジョンを掲げた時にその未来に投資をするのが投資家です。我々のサービスでは投資をした後、ただビジネスのチェックをするだけでなく、投資家が一緒に会社を大きくする意識を持ってもらえればと思っています。こうした想いもあり、『FUNDINNO』では『マーケティング』など投資家自身が投資先の会社に貢献できるスキルを書き込む欄があります。投資だけでなく、自分ができることで、投資先の成長に協力する姿勢を持っている人は多くいます。また、企業側が何か製品やビジネスを考案した際に、投資家に市場の反応を聞けることも特徴。みんなに見てもらって反応が返ってくる世界があることがスタートアップにとっては何よりではないでしょうか」

▼途中から再生する

Q4.『FUNDINNO』を作ろうと思ったきっかけを教えていただけますか?

A.「以前はIT系の企業に勤めていたのですが、ベンチャーキャピタルのクローズドな世界に疑問を持っていました。アメリカやイギリスでは、インターネット上で資金調達ができるのに、日本ではできない。既存のクローズドな世界で運とネットワークを通した資金調達ではなく、誰もが新しい挑戦やビジネスをしたいと考えた時にインターネット上にそのサービスの価値を問うものを作りたいと考えたことがきっかけです。その後、事業計画の作り方などある程度テンプレ化できるところや、株主名簿などをインターネット上で管理ができるようにし、情報の透明化も図りました」

▼途中から再生する

Q5.これから作りたい世界について教えてください。

A.「長期で掲げている目標が、『1億総起業家』の世界。といっても、国民全員が起業するわけではありません。誰もが挑戦したいと思った時にインターネットの技術を使って資金を調達できる、思い立ったらすぐにできる世界を作っていきたいです。目的はインターネットの技術を使ってフェアな挑戦ができる世界を創ること。時代に合わせて変化しながらやっていきたいです。まずは、インターネットで株式資本を売ることができ、横に売買ができる世界を作っていくことで、資金に流動性を持たせたいですね。エンジェル投資家が民主化されていくはずなので、ひとつの投資の形として認められるものになれたら嬉しいです」

▼途中から再生する

FINOLAB CHANNELでは、今後もコンテンツを公開していきます。
チャンネル登録はこちら